写真

新着情報

Topics

INFO


総合案内

京都10月のイベント・観光情報

ご案内

■時代祭■10月22日

時代祭は、葵祭、祇園祭と並ぶ「京都三大祭」のひとつで、京都平安神宮の大祭です。 平安神宮の創建と平安遷都1100年を奉祝する行事として、1895年(明治28)に始まりました。 第1回目は10月25日に行われ、2回目からは桓武天皇が794年(延暦13)に長岡京から平安京に都を移された日を“京都の誕生日”として10月22日に行われています。 ご鳳輦に乗った桓武天皇と孝明天皇のご神霊に、京都市街の安泰と繁栄、進化をご覧になっていただき、各時代の行列がご鳳輦のお供をします。行列は明治維新から始まり、次いで江戸、安土桃山、室町、吉野、鎌倉、藤原、延暦と8つの時代を20の列、牛や馬を含む総勢約2000名で構成され、約2kmもの長さで約3時間にもなります。綿密な時代考証を重ねられた衣装、祭具、調度品は1万2000点にも及び、京の伝統の技をもってそれぞれの時代を細部まで再現されており、その豪華絢爛な行列はまさに“生きた時代絵巻”です。

 

 

京都御苑蛤御門前にある京都ガーデンパレスレストランでは、当日の時代祭特別メニューで皆様をお迎えいたします。 祭列の出発を見送ったあとに、行事の合間に、ぜひお越しください。

 

 

■拾翠亭(茶室)特別公開■

拾翠亭は、京都御苑内に有る五摂家のひとつ九条家の現存する唯一の建物です。拾翠亭 江戸後期に建てられ数奇屋風書院造りになっています。 時代祭の日には、特別公開されて一般の方でも参観することができます。

時間 9:30~15:30

料金 100円(高校生以上)

◆アクセス 地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車、徒歩1分

バス「烏丸今出川」下車、徒歩5分

京都ガーデンパレスより徒歩約10分

 

 

■鞍馬の火祭■

時代祭と同じ10月22日の夜には、奇祭「鞍馬の火祭」が由岐神社一帯で行われます。 松明が火の粉を撒きながら神社へと向かう光景は圧巻です。 ☆鞍馬の火祭とは☆ 平安時代中期、平将門の乱や大地震など、動乱や天変地異が相次ぎました。940(天慶3)年、世の中の平安を願って、朱雀天皇の詔で御所に祭っていた由岐明神を北方の鞍馬に遷宮することで、北の鎮めました。その際、松明、神道具などを携えた行列は、十町(約1キロ)に及んだとされています。この行列に感激した鞍馬の住民が由岐明神の霊験と儀式を後世に残そうと伝え、大切に守ってきたそうです。

☆火祭りのあらまし☆ 毎年10月22日に行れる行事です。午後6時、「神事にまいらっしゃれ」の合図で、各戸にかがり火が灯され、トックリ松明を手にした幼児が、街道一帯を往来した後、小型と中型の松明を担いだ小中高生が加わり、最後に大松明を担いだ若者らが現れます。一行は鞍馬太鼓が打ち鳴らされる中、「サイレヤ、サイリョウ」と囃(はや)し、街道を練り歩きます。 午後8時ごろから、鞍馬寺の山門前の石段に、百数十本もの松明が集まり始める。燃え盛る炎がひしめき、沿道でも熱さを感じるくらいです。やがて、祭りは最高潮に達し、合図とともに注連縄(しめなわ)が切られると、松明が石段下に集められて焼かれます。 この後、若者が神輿(みこし)を迎えに石段を駆け上がり、祭りは「渡御」へ。神輿の前で幸神の儀が行われ、参道を下る際に石段を急に降りないよう、女性たちが綱を引きます。一方、2人の若者が神輿の担い棒にぶら下がり、逆さ大の字に足を広げる珍しい光景。これは「チョッペン」と呼ばれ、かつて鞍馬の若者はこれを体験し、成人になると言われていたそうです。最後に、神輿は御旅所に戻され、午前0時過ぎに祭りは終わります。

◆アクセス 叡山電鉄 鞍馬駅下車すぐ

■京都ガーデンパレスより叡山電鉄 出町柳駅まで徒歩とバスで約20分、出町柳駅からは鞍馬まで約30分の計約1時間 ※「鞍馬の火祭」当日は貴船口~くらま温泉入口の区間は車両通行止めとなり、マイカーの乗り入れはできません。

☆鞍馬の火祭が終わると鞍馬周辺は、紅葉が色づきはじめ、鞍馬山内並びに境内からは、色とりどりの紅葉を見ることができます。 京都市内も、観光シーズンで見所いっぱいです

 

 

■仁和寺 霊宝館秋季名宝展■10月1日~11月25日

仁和寺霊宝館では、国宝や重要文化財に指定されている仏像などの文化財が多く展示されています。 仁和寺(阿弥陀三尊像・吉祥天立像など)毎年、春と秋に特別公開されています。

拝観時間 9:00~16:30 料金  大人500円 中高生300円 小学生以下 無料

◆アクセス 京福電車「御室仁和寺駅」下車、徒歩約3分

市バス「御室仁和寺」下車、徒歩約1分

■京都ガーデンパレスより市バス59系統乗り場まで徒歩約10分、市バス「御室仁和寺」まで約30分乗車

お問合わせ TEL 075-461-1155(仁和寺)

公式web http://www.ninnaji.or.jp/index.html

一覧へ戻る